古代の王や英雄も薄毛に悩んでいた!

人はいつから薄毛に悩み始めたのでしょうか?

それは、薄毛をかっこ悪いことだと考えるようになってからでしょう。
古代の王や英雄たちも、現代人と同じように薄毛に悩んでいたことがこれまでの研究からわかっています。

ローマ時代の将軍カエサル
ローマの将軍カエサル

「ブルートゥス、お前もか」で有名なカエサルは薄毛を恥と考えていたそうです。

フランス国王ルイ13世
フランス国王ルイ13世

フランスの国王ルイ13世は20代前半で薄毛になり、それを隠すためにカツラを被ったそうです。
それを見た周囲の人たちが空気を読み、国王のカツラが目立たなくなるように薄毛じゃない人もカツラを被り始めました。
それがいつの間にか宮廷の習慣になったという説もあるようですね。

日本人の薄毛率は?

薄毛を気にするサラリーマン

日本人は薄毛の人が多い?少ない?

薄毛になって初めて、周りの人が薄毛なのかどうか気になり始める人も多いと思います。

周りに薄毛の人を見つけると、なんだあの人も薄毛じゃないか!と自分を安心させたくなるからなのかもしれませんね。

ところで、日本人は他の国の人たちに比べて、相対的に薄毛の割合が多いのでしょうか?少ないのでしょうか?

日本では約4人に1人が薄毛!

日本に置ける薄毛率は、約26%と言われています。
1998年〜2008年にかけて株式会社アデランスの調査より

今の日本の人口が、〜ですから、
約4人に1人が薄毛に悩んでいることになります

また、間違いだらけの薄毛対策 (経営者新書)という本によると、約1260万人、26%もの成人男性が薄毛の症状を抱えていると書かれています。

この数値はアジア圏において断トツでトップだそうです。

こんなに多くの人が薄毛に悩んでいるんですから、薄毛対策を始めることは決しておかしなことではないんです。

さあ、今日から一緒に薄毛対策を初めましょう!

参考文献:薄毛の食卓